キーボードショートカット
機能
CommandArrowRight
1 フレームずつ前に移動する。
CommandArrowLeft
1 フレームずつ後ろに移動する。
CommandShiftArrowRight
10 フレームずつ前に移動する。
CommandShiftArrowLeft
10 フレームずつ後ろに移動する。
ShiftLeftBrace
選択しているオブジェクトをイン点に移動する。
ShiftRightBrace
選択しているオブジェクトをアウト点に移動する。
I
再生範囲のイン点をマークする。
O
再生範囲のアウト点をマークする。
OptionX
イン点とアウト点をプロジェクトのそれぞれ最初のフレームと最後のフレームに移動し、再生範囲をリセットする。
ShiftL
ループ再生を有効/無効にする。
OptionA
「レコーディングオプション」ダイアログを開く。
ShiftHome
再生範囲の開始点に移動する。
ShiftEnd
再生範囲の終了点に移動する。
ShiftI
選択しているオブジェクトのイン点に移動する。
ShiftO
選択しているオブジェクトのアウト点に移動する。
ArrowLeft
前のフレームに移動する。
ArrowRight
次のフレームに移動する。
ShiftArrowLeft
10 フレーム戻る。
ShiftArrowRight
10 フレーム進む。
CommandOptionArrowLeft
次のマーカーに移動する。
CommandOptionArrowRight
前のマーカーに移動する。
CommandR
再生範囲の RAM プレビューをレンダリングする。
CommandOptionR
選択しているオブジェクトの RAM プレビューをレンダリングする。
CommandShiftOptionR
プロジェクトの RAM プレビューをレンダリングする。
I
イン点をマークする。
O
アウト点をマークする。
M
現在のフレームにマーカーを追加する。
At
現在のフレームにマーカーを追加する。
CommandOptionM
「マーカーを編集」ダイアログを開く。
Spacebar
プロジェクトを再生/一時停止する。
A
アニメーションの記録をオン/オフする。
Home
プロジェクトの先頭に移動する。
End
プロジェクトの最後に移動する。
CommandK
適用しているビヘイビアをキーフレームに変換する。
ShiftDelete
リップル削除を実行する。
CommandOptionV
ペースト(特別)。
ShiftZ
「タイムライン」をウインドウに合わせる。